205号室


空はこんなに綺麗で 風は爽やか
ベッドの傍らに君 嗚呼なんて幸せ

「これ以上欲しいものなんてないね」と僕が言うと
みんな不思議と 黙り込んだ

君の描く幸せな未来に 僕の姿が見当たらなくても
それで良いよ、どうか君には 幸せでいてほしい

…教えて、僕の余命を。

雨は直ぐにやみ 虹が見れるよ
花を抱いた君は なんて綺麗なんだろう

「これ以上欲しいものなんてあるか?」と僕が問うと
「時間がほしいよ…」って君が泣き出した

君の歩む幸せな未来に 僕の姿が見当たらなくても
それで良いよ、どうか君には 幸せでいてほしい

忘れて、僕のことを

…君よ、幸せであれ…